Discordをゲームだけでなく仕事にも!特にテレワーカーにもオススメする理由とは

テレワークを導入するにあたって、各拠点(事業所・営業所など)とテレワーカー(自宅、サテライトオフィスなど)同士で円滑なコミュニーケーションを取れるかどうかが大きなカギとなります。

そのためには、旧来の電話やメールでのコミュニケーションだけでなく、よりリアルタイムで正確なコミュニケーションを取れるチャットツールの活用が有効です。ビジネス向けチャットツールでは「Chatwork」や「Slack」、「Skype」などがメジャーですが、最近、特にIT界隈で「Discord(ディスコード)」というチャットツールが新たに脚光を浴びています。

今回の記事では、Discordの機能やメリット、注意点などをご紹介します。

Discordの機能紹介

Discordは2015年にアメリカの「Discord inc.」がローンチしたチャットツールで、オンラインゲーマー向けボイス&テキストチャットアプリとして世界中で人気を博しています。

チャットツールとしての基本機能を満たしているだけでなく、動作が軽快なこともあってビジネスシーンにおいても使い勝手がよいと注目されています。

サーバー

Discordの「サーバー」は、一般的なチャットツールでいうグループのことです。

「サーバー名」を決めて「サーバーリージョン(地域)」を選択すれば、誰でも無料で何個でもサーバーが作成できます。あとはメンバーに専用URLをメールなどで通知して招待するだけ。

テレワークで使う場合、会社・団体で1つのサーバーを作成、または部署ごとに1つのサーバーを作成するのが一般的です。

テキストチャンネル(チャット)

サーバー内に、複数の「チャンネル」を作成することができます。テレワークにおいては、チーム単位やプロジェクト単位でチャンネルを作成することになるでしょう。なお「テキストチャンネル」はチャット専用で、通話はできないという割り切った仕様になっています。

ボイスチャンネル(音声通話)

サーバー内には音声通話用の「ボイスチャンネル」も複数作成できます。Discordのボイスチャットの特徴は、Skypeなどと違って相手の呼び出しが不要ということです。通話したい人が通話したいときにボイスチャンネルに入るというスタイルです。メンバー全員が常にボイスチャンネルに入っていれば、まるで全員がオフィスに在席しているかのようにリアルタイムに会話ができます。なおボイスチャンネルは音声通話専用なので、テキストチャットはできません。

ファイル共有

画像やドキュメントファイルなどをチャンネルで送信できます。ファイルサイズの上限は8MB(50MBにアップグレード可)までとなっています。

フレンド

ゲーマー向けチャットアプリであるDiscordは、アカウントを持っている人とならサーバーと無関係に誰とでも「フレンド(友達)」になれるSNSのようなオープンな構造が特徴です。

ダイレクトメッセージ

「DM(ダイレクトメッセージ)」は、フレンドとチャットができるツールです。1対1のプライベートDMだけでなく、最大10人までのグループDMが利用可能です。

ビデオ通話

ビデオ通話は、ダイレクトメッセージ上で行うことができます。サーバーチャンネル上では現在のところビデオ通話はできません。テレワークにおいては、日常的な業務連絡はサーバーのボイスチャンネルで、ビデオ会議はダイレクトメッセージといった使い分けができそうです。

画面共有

ダイレクトメッセージのビデオ通話のなかで、画面共有をすることもできます。「画面全体の共有」または「特定のアプリケーションウインドウの共有」を選択可能です。

bot(ボット)

Discordには、botと呼ばれるさまざまな自動化ツールを追加できます。例えば「読み上げくん」botは、テキストチャットを音声で読み上げてくれるとっても便利なツールです。

テレワークでDiscordを使うメリット

動作が軽い

ゲーマーがDiscordを選ぶ一番の理由は、動作の軽快さです。ゲーマーにとって、パソコンのリソース(CPU、メモリなど)はゲームのためのもの。Discordは、ゲームの妨げにならないよう軽量軽快に動作するようにデザインされているのです。

テレワークにおいても、仕事用アプリケーションの妨げにならず、使いたいときにすぐに呼び出せるDiscordのメリットは大きいのです。

ボイスチャットが高品質

Discordのボイスチャット(音声通話)は、他のチャットツールに比べて高品質と評判です。ボイスチャットでの情報共有を重要視する組織にとっては、Discordはチャットツールの最有力候補となるでしょう。

勤怠管理

Discordでは、ユーザーの「オンライン」・「オフライン」・「離席中」といったステータスを表示できます。この機能を利用すれば、勤怠管理も可能です。

マルチプラットフォーム

DiscordはWindowsとMacのデスクトップアプリも提供されているし、Webブラウザ上でも動作します。もちろん、AndroidとiOS用のアプリも用意されているので、多様なIT環境で働くテレワークに最適です。

テレワークでDiscord を使用する際に気を付けた方が良い点

日本語対応が不十分

Discordの画面自体はある程度日本語化されていますが、ヘルプやFAQなどは日本語版が充実していません。特に管理者は英語のページをしっかり理解してメンバーに伝える必要があります。

サーバー内の閲覧は自由

ゲームチャットアプリというオープンな特性上、サーバーのアクセス権限を持っている人はサーバー内の全てのチャンネルを閲覧できるようになっています。Discordのチャンネルではクローズドな会話はできないことに注意が必要です。

誰でも参加申請ができてしまう

Discordの全てのサーバーは公開され、誰でも検索して参加申請ができます。そのため、ビジネスと全く無関係の個人が世界中から参加申請を送信してくる可能性があるのです。管理者は、無関係の人の参加を拒否するよう注意する必要があります。

基本的にはゲーム向け

Discordは、基本的にはゲーム向けに設計されたツールです。UIもどことなくゲームの世界を彷彿とさせて、ワクワクするようなデザインとなっています。なので、堅めのビジネスをしている企業では、正式導入には難しいかもしれません。

Discordの料金体系

基本無料

Discordの全ての基本機能は無料ですが、有料で「NITRO Classic」と「NITRO」にアップグレードできます。これらはゲーマーにとっては魅力的ですが、テレワークにおけるメリットはほとんどないでしょう。

NITRO Classicプラン

4.99USD/月 または 49.99USD/年

  • Discordタグ(アウント名)のカスタマイズが可能
  • アバターにGIFアニメーションを使える
  • 動画共有画面の高画質化(720p/60fpsまたは1080p/30fps)
  • カスタム絵文字が利用できる
  • アップロードファイルのサイズ上限が8MBから50MBにアップグレード

NITROプラン

9.99USD/月 または 99.99USD/年

Nitro Classicの機能に加え、Discordが提供するゲームを無料でプレイ可能

まとめ

Discordはオンラインゲーマー向けに開発されたボイス&テキストチャットアプリですが、その軽快さと基本無料で使えることからビジネスシーンでの利用も増えています。

テレワークを導入する際に必須となるチャットアプリですが、まずは無料で使えるDiscordの導入を検討してみてはいかがでしょうか?