Microsoft Teams(旧Skype for Business)をテレワークに活用しよう

テレワークを始めるにあたって、ビジネスチャットツールの導入を検討している企業・団体も多いのではないでしょうか?

「Chatwork」や「Slack」などさまざまなチャットツールがありますが、今回は「Skype for Business」の進化版である「Microsoft Teams」の機能やメリットについて紹介します。

Microsoft Teamsとは?

「Microsoft Teams」は、マイクロソフト社が2017年3月にリリースした新しいグループチャットソフトウェアです。

ビデオ通話アプリの「Skype」は、無料で国際通話ができる画期的なツールとして世界中のユーザーから人気を博してきました。Skypeのビジネス版として開発された「Skype for Business」も、企業のコミュニケーションツールとして活用されています。

Microsoft Teamsは、そのSkype for Businessの機能を統合した新世代のコミュニケーションツールです。マイクロソフト社は、Skype for BusinessからMicrosoft Teamsへの移行を推進しています。

まだあまり馴染みのないMicrosoft Teamsですが、テレワークのためにSkype for Businessの導入を検討している場合は、Microsoft Teamsの導入をおすすめします。Microsoft Teamsは、サブスクリプションサービス「Office 365 Business」のパッケージで提供されます。

Microsoft Teamsの主要機能紹介

新しいグループチャットソフトウェアであるMicrosoft Teamsは、テレワークにおいて迅速で正確なコミュニケーションを実現するための強力な機能を備えています。

オンライン会議

Teamsは、ビデオ会議や音声会議、Web会議といったオンライン会議を開催できます。オンライン会議の中でチャットやファイル共有をすることも可能。

さらに、会議のスケジューリングもTeams内で可能。会議のタイトルや日時、参加者などを設定して関係者に通知します。

オンライン会議システムは、遠隔地で働くテレワーカーと円滑なコミュニケーションをとるための強力なツールです。

オンラインプレゼンテーション

Teamsでは、1:多人数のオンラインプレゼンテーションを開催可能です。この機能を使えば、社長スピーチなどの社内イベントを、支社やテレワーカーにリアルタイムでライブ中継できます。

チャット

Teamsではもちろんチャットをサポート。個人間のプライベートチャットも、チームメンバーで共有するグループチャットも、柔軟に運用できます。

チャット画面はLINEのような対話形式なので、初心者でもすぐに使うことができます。

ファイル共有

Teamsで共有するファイルは、Office 365のファイル共有サービス「SharePoint」に保存されます。

プライベートチャットで共有するファイルは、Office 365の「OneDrive for Business」に保存することもできます。

Office 365 アプリでの共同作業

Teamsでは、「チーム」という単位を作成してメンバーの共同作業を行います。チーム内には「チャネル」を作成し、プロジェクトやタスクごとにチャットやスケジュールが管理可能。

Teams内でWordやExcelといったOfficeアプリの共同編集も可能となっています。

Officeアプリ以外でも、タスク管理ツール「Trello」などさまざまなサービスをチーム単位で柔軟に導入できるのがTeamsの大きな特徴です。

テレワークでMicrosoft Teamsを使うメリット

ビジネスにチャットを導入

今まで業務連絡はメールがメインだったのなら、チャットを導入することによりコミュニケーションの強化が図れます。テレワークで不足がちなコミュニケーションを補うことができ、新しいビジネスや文化が生まれる土壌となり得るのです。

マルチデバイス

Teamsは、もちろんスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからもアクセスできます。

マルチデバイスは、さまざまな環境で働くテレワーカーにとっても便利なメリットです。

世界標準

マイクロソフト社は、世界最大のソフトウェアカンパニーです。常に最新の技術が提供され、セキュリティも万全。

世界中の人に親和性のあるマイクロソフト社のTeamsなら、日本人だけでなく誰もが安心して使えるのです。

テレワークでMicrosoft Teamsを使用する際に気を付けた方が良い点

Microsoft TeamsはOffice 365の統合アプリ

Microsoft Teamsは、チャットツールの「Chatwork」や「Slack」とはコンセプトが異なるビジネス向け統合アプリです。

ChatworkやSlackはチャットに特化し、ファイル共有などもできるツール。

それに対して、Microsoft TeamsはOffie 365の各サービスのハブとなる「ワークスペース」がコンセプトです。Microsoft Teamsを導入するなら、Office 365全体での運用が前提となるのです。

Microsoft Teamsの料金体系

Microsoft Teamsは、マイクロソフト社が提供する法人向けのサブスクリプションサービス「Office 365 Business」を契約することにより使用できます。

Office 365 Businessには、下表のように3種類のプランが用意されています。

Microsoft Teamsを含むプランは、Officeアプリが使える「Office 365 Business Premium」または「Office 365 Business Essentials」です。

この3つ意外にも、ユーザー数無制限の「Enterpriseプラン」が3種類用意されています。

機能は制限されますが無期限で使える「無料プラン」もあるので、とりあえずTeamsを試してみたい方は無料プランから始めるのもよいでしょう。

プラン Office 365 Business Office 365 Business Premium Office 365 Business Essentials
月額料金(税抜) 900円/ユーザー 1,360円/ユーザー 540円/ユーザー
最大ユーザー数 300 300 300
Teams
OneDrive ◯(1TB) ◯(1TB) ◯(1TB)
Exchange
SharePoint
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access ◯(Windows PC版のみ) ◯(Windows PC版のみ)
Publisher ◯(Windows PC版のみ) ◯(Windows PC版のみ)

Microsoft Teams以外のテレワーク向けチャットツール

Microsoft Teams (Skype)の他のテレワーク向けチャットツールをこちらの記事でご紹介しています。

機能で選ぶテレワーク向けチャットツール3選【Slack・Skype・Messenger】

まとめ

Microsoft Teamsは、Office 365のハブとなるワークスペースです。ビデオ会議やグループチャットをサポートする他、さまざまなサービスをチームごとに連携させることができます。

ぜひテレワークを契機にMicrosoft Teamsを導入し、全体のコミュニケーションを刷新してみてはいかがでしょうか。