【海外リモートワーク事情】海外のリモートワーカー・リモートワーク企業レポート【Buffer】

本投稿はアメリカのSNS管理ツールのスタートアップ Buffer による投稿、「2019 Report: State Of Remote Work(リモートワークの状態)」を許可を得て翻訳したものです。

計 2,471人のリモートワーカーに対して行われた、リモートワークに関する意識と、彼らが勤務する企業の制度について、主にアメリカにおける調査結果が詳細にまとめられています。


この”State of Remote Work (リモートワークの状態)”は Buffer による年次レポートであり、リモートワーカーの世界を紹介し、それらについての理解を深めようと試みたものです。我々は2,500人近くのリモートワーカーに対して、リモートワークについてのメリットと苦労、リモートワークが個人の経験においてどのように見えるか、また、彼らがリモートワークをすることを許可した企業の構造について尋ねました。

本レポートは、フルリモートで働いている、またはリモートワークをサポートしている他の企業と協力して作成しました。支援してくれたDoistHubstaffRemote-HowRemoteYearTrelloWorkfromWe Work Remotely のパートナーに感謝します!

以下をご覧になって、2019年にリモートワーカーであることがどのようなものなのかについて、インサイトを深めて下さい。

リモートワークはトレンドではない ー すでに定着している

我々の調査の回答者のうち、99% が残りのキャリアのために少なくともある程度はリモートワークをして働きたいと答えています。これは注目すべき結果です。リモートワークは度々トレンドとして表現されますが、この結果はリモートワークがすでに定着したものであることを示唆しています。我々が収集した全てのデータのうち、これほど強力な反応はありませんでした。

「あなたの残りのキャリアでにおいて、少なくとも時々はリモートで働きたいですか?」

さらに、彼らは同僚や友人から家族まで、彼らの知り合いにもリモートワークを勧めると回答しています。

「あなたは他のひとにもリモートワークを勧めますか?」

We Work Remotely(リモートワークできる仕事を検索して一覧表示する最大のコミュニティ)のオペレーションディレクターである Matthew Holingsworth 氏によると、リモートワークは標準になることさえあるといいます。

彼は次のように述べています。「私たちは今、リモートワークが標準になる時だと本当に信じています。毎月数十万人の有資格者がリモートワークを求めて We Work Remotely に来ており、リモートワークを採用している企業が最高の人材を引き付ける方法をリードしているのが見られます。」

柔軟なスケジュールが、リモートワークの最大の利点

なぜ一部の人々はリモートワークに憧れ、そしてそこにとどまることを望んでいるのでしょうか?

通勤の代わりに犬の散歩をしたり、その午前中にジムにいったり友人とあったりする自由、そして色々な予約をするために休暇を取る必要がないこと。これらは、リモートワーカーがフレキシブルなスケジュールを楽しむ方法のほんの一部にすぎません。回答者の40%が、これがリモートワークの最大の利点であると評価しています。

「リモートワークをする上で最大の利点は何だと思いますか?」

Iwo Szapar 氏は、Remote-how の共同創業者でありCEOです。Remote-howは、教育とコミュニティを通じてリモートワークの成長を促進するオンラインプラットフォームです。彼は、リモートワーカーはこの柔軟性を楽しんでいると考えており、それは「20代および30代半ばの従業員は所有物よりも有意義な経験を重視し、人生のすべての重要な側面に注意を払うことを望んでいる」ためであると考えています。

彼はまた、柔軟なスケジュールは従業員だけでなく雇用主にとっても良いことだと主張しています。 「柔軟なスケジュールを設定することで、従業員は仕事、趣味、友人との時間をうまくやり取りでき、仕事と生活のバランスが改善され、職場のストレスも軽減されます」とSzapar 氏は言います。

リモートワーカーは、”つながらない(unplugging)”ことに苦労している

リモートワークは、インスタ映えすることばかりではありません。実際に、多くのリモートワーカーは仕事と離れること、孤独感、コミュニケーションに苦労しています。

「リモートワークをしていて最も苦労することは何ですか?」

Amir Salihefendic 氏は、Doist(タスクマネジメントツール todoist が人気なフルリモートの会社)のCEOです。これらの統計を見た後、Salihefendic 氏は、「リモートワークは単に異なる働き方なのではなく、異なる生き方なのです」と述べました。また、「リモートワークというのは、Instagramで見るような、ビーチでピニャコラーダを飲むためにエキゾチックな場所に飛び出すということではありません。」

彼は続けて、リモートワークのあまり知られない側面について説明します。「リモートで作業する場合、隔離、不安、およびうつ病は重大な問題であることを認識する必要があり、これらの複雑な問題を解決する方法とシステムを見つけ出す必要があります」

ほとんどのリモートワーカーの休暇は無制限だが、年間2−3週間の休暇を取得

休暇をとることについて苦労していると答えたリモートワーカーはわずか7%でしたが、これはリモートワーカーにとって重要な議論のポイントでした。特に、リモートワークが提供する柔軟性により、リモートワーカーは旅行中に仕事をすることができ、必ずしも旅行のために休暇を取る必要はありません。

休暇の習慣は、組織、国、文化によって大きく異なります。会社が毎年どのくらいの休暇期間をリモートワーカーに提供しているかを見ると、この質問に対する最も一般的な回答は、リモートワーカーの32%が実際に無制限の休暇を取得していることを明らかにしました。

「あなたの会社は年にどれくらいの休暇をくれますか?」

また、各リモートワーカーが昨年どれだけの休暇​​をとったのか少し掘り下げて調査しました。すると、43%のリモートワーカーが2週間から3週間の休暇を取得し、さらに20%が休暇なしから年間1週間の間であると答えました。

「あなたは去年どれくらい休暇をとりましたか?」

無制限の休暇があると答えた回答者のうち、44%が毎年2週間から3週間の休暇をとると回答しています。さらに13%が1年あたり1週間以下の休暇を取り、3.2%が休暇の量として「なし」を選択しました。

リモートワーカーは場所を自由に選べるが、家にいるのが大好き

リモートワーカーはどこからでも働けることが多いです。さて、どこで働くのでしょう?

興味深いことに、回答者の84%がほとんどの場合自宅で仕事をしていると答えました。それに比べ少数派のリモートワーカーは、主にコワーキングスペース(8%)、コーヒーショップ(4%)、図書館(0.5%)、および5つのRVキャンピングカー、ホテル、オフィス、おばあちゃんの家の地下室を含むその他の場所(3%)で働いています。

「主にどこで働いていますか」

これは、リモートワーカーの78%が自宅を主な勤務地として使用していることが判明した、昨年の2018年の 2018 State of Remote Workから上昇しています。

Darren Buckner 氏は、リモートワーカーが引き続き家を選ぶ理由を理解しています。リモートワーカーが仕事をするための信頼できるスペースを見つけるための世界最大の推奨エンジンである Workfrom の CEOとして、彼は次のように述べています。「在宅勤務の利便性に匹敵するものはありません。リモートで独立して働く人にとって自宅は引き続き第一の選択肢になるでしょう 。実際、オフィス勤務・リモートワークが選べる人のほとんどは、毎週自宅から4日間以上働いています。」

リモートワーカーが2番目に多く働く場所として最も一般的なのは、回答者の37%を占めたコーヒーショップまたはカフェです。興味深いことに、21%は「該当なし」を選択しました。これは、主な場所以外では働いていないことを意味すると考えられます。

「あなたが2番目によく働いている場所はどこですか?」

これに関して、Buckner 氏は次のように述べています。「コーヒーショップとカフェは多く人の近所にあり、設定やメンバー登録を必要とせず、もちろん、生産性を高める雰囲気(コーヒー、背景の会話、自然光など)にすばやくアクセスできます。」

ほとんどのリモートワーカーは、旅行と仕事を同時にしている

リモートワークが提供する柔軟性により、旅行の機会が増えました。実際、リモートワーカーの44%は年間1週間から1か月間働いており、回答者の25%はこの作業/旅行の組み合わせを1か月以上行っています。一度も旅行と仕事を同時にしたことがないと答えたのは7%だけでした。

「どのくらいの頻度であなたの住む都市の外で旅行と仕事をすることがありますか?(社員旅行・会議を含む)」

Greg Caplan 氏はリモートワーカーに対して仕事をしながらに1年間世界を旅するサービスを提供している企業、 RemoteYear の CEO です。Caplan 氏は、リモートワークがますます一般的になるにつれて、これは自然な進展であると考えています。 「ますます多くの企業が柔軟性を提供し、ますます多くの人がリモートで働くようになっているため、多くの企業は、その機会を利用して、単に家に閉じ込められているのではなく、彼らに刺激する場所に旅行してほしいと思うでしょう」と彼は言います。

リモートワーカーとオフィスワーカーの両方のバランスをとることが、より多くの企業にとって現実となっている

経営者の回答者のうち91%は、常にリモートワークをサポートするつもりであると選択しました。これは、昨年のレポートの88%から増加しています。

「あなたは常にリモートッワークをサポートするつもりでしたか?」

回答者のうち31%はフルリモートの企業(Bufferなど)でした。40%を超えるチームはチームの一部がフルリモートであり、それ以外の人は同じオフィスで働いています。そのため、企業はオフィスとリモートの両方の従業員(多くの場合非常に異なるニーズを持つ従業員)をサポートするという課題に直面します。

「あなたの会社のリモートワークに対するスタンスは何ですか?」

タイムトラッキングや生産性向上ツールを開発する、完全リモートチームの企業 Hubstaff は彼らの顧客を通して、一部リモート、一部オフィスのセットアップに詳しい。彼らのCEO である Dave Nevogt 氏は、企業がリモートワークがビジネスにもたらす全てのポジティブな結果を理解している、と信じている。「生産性の向上、無駄な時間の短縮、間接費の削減といったメリットを直接経験したため、企業は少なくとも何らかの形でリモートワークを受け入れ続けています」と彼は言います。

リモートワーカーとオフィスワーカーの両方のバランスをとっているこららの企業の場合、リモートワークのパーセンテージには大きな幅がある。

ほぼ同じ数の人々が、(a) チーム全員がリモートで働き、(b) 25%未満の人がリモートで働いていると報告しました。これらの企業がチームを作る方法は多岐に渡ります。

「あなたの会社の何パーセントがリモートで働いていますか?」

「あなたの会社には何人のフルタイム社員がいますか?」

ほとんどの企業は、インターネットやコワーキングスペースなどのリモートワークに関連する費用を支払っていない

チームメイトをリモートで働かせることで、企業はオフィススペースや施設でお金を節約することができる一方、家のインターネット、コワーキングメンバーシップ、そしてはい、コーヒーなど、リモートでの作業に関連するコストはまだあります。

これらの費用にもかかわらず、ほとんどの企業は、リモートワーカーにこれらの支出の建て替え・払い戻しをしません。実際、回答者の75%が、会社は家のインターネットの料金を支払わないと答え、71%は、会社がコワーキングスペースの利用料を負担しないと答えました。

「あなたの会社は家のインターネット費用を払ってくれますか?」

「あなたの会社はコワーキングスペースの利用料を払ってくれますか?」

「あなた自身は月にいくらコワーキングスペースに支払っていますか?(米ドル)」

「あなたの会社はコーヒーショップでの飲食費を払ってくれますか?」

「1週間にいくらコーヒーショップで使いますか?(米ドル)」

Buffer で私たちが” Coffee shop coworking” と呼ぶ給付金は、私たちの人事部が去年導入したものです。Buffer の人事部のディレクターである Courtney Seiter 氏は、複数の Buffer のチームメイトが自宅やコワーキングスペースよりも仕事場としてコーヒーショップを好むことにわかり、決定が下されたと説明しています。 「チームの全員が最も幸せで生産性の高い職場で働くのを支援するために、コワーキングスペースを常に取り上げてきました。しかし、コワーキングは誰にとっても適切なソリューションではないことに気づいたため、コワーキングのメリットをコーヒーショップのコワーキングにまで拡大しました」と彼女は言いました。

データについて:誰がサーベイに参加したか?

合計で、2,471人がこの調査に回答しました。

国別の場所

回答者の48%は、現在米国に住んでいると答え、カナダ(6%)、英国(6%)、スペイン(4%)が続きました。他に選択された国は次のとおりです。フランス(3%)。ドイツ(3%);アイルランド(共和国)(3%);インド(2%);オーストラリア(2%);イタリア(1%;残りの22%の国では1%以下の回答者が選択肢として選択しました。

業界の内訳

調査に参加した人の38%はソフトウェア分野の組織で働いています。その他には、ITおよびサービス(18%)、マーケティング(12%)、その他(7%)、メディアと出版(4%)、教育(3%)、電子商取引(3%)、非営利(3%)、医療およびヘルスケア(2%)、旅行と観光(2%)、消費者製品(2%)、政府(1%)、法律および法律サービス(0.5%)。

実務経験

彼らの仕事に最も近いものについて尋ねると、回答者の31%がエンジニアリングを選択し、続いて回答者の18%がマーケティングと広告を選択しました。その他の回答には次が含まれます。リーダーシップ(8%)、デザイン(7%)、その他(7%)、運用(6%)、カスタマーサポート(6%)、製品(5%)、人事(4%)、売上(3%)、データ(3%)、および財務(1%)。

現在の役割のレベルについて尋ねると、回答者の34%がプロフェッショナルレベルを選択し、30%がシニアレベルを選択しました。次に選択された回答は、19%の管理レベル、12%のエグゼクティブレベル、そして最後に5%のエントリーレベルが選択されました。

回答者の69%は、会社員を最適な用語として選択しました。残りの回答者のうち、22%がフリーランサー/自営業者を選択し、10%が経営者を選択しました。

リモートワークの経験

この調査への回答者はさまざまな期間リモートで働いており、最も多かった回答は「1年から4年」で、回答者の44%が選択し、続いて回答者の34%が「4年以上」、最後に「6か月から11か月」および「6か月未満」は、回答者の11%によってそれぞれ選択されました。

給与

回答者の給与の範囲(米ドル)の内訳です。

  • $50,001 to $75,000 – 21%
  • $75,001 to $100,000 – 19%
  • $25,001 to $50,000 – 17%
  • $100,000 to $125,000 – 12%
  • up to $25,000 – 10%
  • $125,001 to $150,000 – 10%
  • $150,001 to $200,000 – 8%
  • $200,000 より多い – 4%